なぜアジア人は牛乳を容認しないのですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


その理由は何よりもアジア人が酵素、すなわちラクターゼを欠いているということです。乳児は母親の乳汁を利用するためにこの酵素を産生します。それが欠けているなら、乳糖は大腸で発酵し始めます。これは鼓腸、疝痛、下痢などの症状を引き起こします。ほとんどの成人哺乳類(人間を含む)は通常牛乳に耐えられないので、アジア人だけがこの欠乏症に「苦しむ」わけではありません。

例外として、北ヨーロッパと中央ヨーロッパの人々

しかし、ほとんどの北および中央ヨーロッパ人が例外であるのはなぜですか?その根拠は、進化論的に理解できるほど単純です。人類が乳業を知らない限り、大人は牛乳の恩恵を受けませんでした。結果:彼らは乳児期後にラクターゼを作る能力を失った。

しかし、これは約12、000年前まで効力を発揮しませんでした、中東の人々は動物を飼いならして彼らのミルクを飲むことを始めました。彼らは新鮮な動物のミルクを容認しなかったことに気づいた。それらはカルシウム源としてミルクにも依存していなかった。これには3つの理由があります。

  • 彼らは消費のために十分な緑の葉野菜を持っていました
  • 彼らは十分な海の魚を、そしてそれ故に十分なビタミンDを消費しました。
  • 彼らは体がビタミンDを生産するのに十分な日光を取りました。

北ヨーロッパとは異なり、そこでは、酪農業が徐々に広がっています。しかし、利用できる緑の葉菜は十分ではなく、ビタミンDを生成するのに十分な日光もありませんでした。それ故、牛乳はカルシウム供給者として使用された。

動物のミルクを飲んで消化することができた北ヨーロッパの人々は、遺伝的にそして繁殖に成功しました。

Загрузка...

Pin
Send
Share
Send
Send


Загрузка...

人気のカテゴリ