ゲレンデで二日酔いなし

Pin
Send
Share
Send
Send


ウィンタースポーツの積極的な活動に加えて、長い夜、大音量の音楽、アフタースキーでのダンス、お酒の飲み物は、小屋、カフェ、ナイトクラブなどのフレンドリーな雰囲気の中で毎日スキーを楽しむことができます。

最初のアルコールそれからスキー?

ホットワイン、Jagertee、ホットココア、ダッシュ、ビール、様々なスピリットが、山中のアルペンスポーツでのスポーティなスキーの喜びの直後に、ウォーマーを歓迎します。

"二日酔い"を防ぐ

一日を通して体調を整え、次のスキーの日に不要な "二日酔い"を回避または軽減するのに役立つものは何ですか?スキー休暇が快適に過ごせるように、いくつかのヒントをまとめました。

  • 朝食はスポーティな日のために最もよくそしてとりわけ必要な基礎である。理想はフルーツとミルク入りのオートミールシリアルです。味によっては、サンドイッチとチーズロール/パンと野菜もお勧めです。飲み物も忘れてはいけません。フルーツジュースや適度なコーヒーと紅茶がここでは適しています。
  • キャンディーバーを挟む代わりに、フルーツ、シリアルバー、または全粒粉ビスケットで空腹を解消してください。
  • スキーロッジの正午には、エネルギー貯蔵庫を補充する必要があります。むしろ、脂っこいフライドポテトの代わりに炭水化物を多く含む軽食を選択してください。トマトソースのパスタやエンドウ豆/ポテトスープなどのシチューが最適です。
  • これはまた、すべてのエネルギー埋蔵量を使い果たして補充しなければならない夕方にも当てはまります。ジャガイモ、米またはパスタ、肉、魚、新鮮なサラダ、果物や野菜などの炭水化物の種類は、翌日のスポーツチャレンジに最適な条件を提供します。
  • 外が寒い場合でも、ウィンタースポーツはまだ汗をかきます。そして、この流体損失はそれに応じて補正されなければなりません。十分な水分を摂ってください。最高のものはミネラルウォーター、透明なスープまたはフルーツジュースのスプリッターです。
  • Jagerteeとグリューワインへの寒さの誘惑は素晴らしいですが、お勧めできません。アルコールは多くの余分なカロリーを含み、反応する能力を阻害します。これはスポーツでは必ずしも有益ではありません。
1回あたりの飲み物エネルギー(kcal)アルコール量(g)
グリューワイン(0.2リットル)*21012,4
Jagertee(0,2リットル)*13515,5
ビール(0.5リットル)21019,8
ブランデー(2 cl)527,6
エッグノッグ(2 cl)572,7

(単一レシピがないため、平均的な情報)

最大のリスク:アルコール

それはとても魅力的でとても楽しいものになることができます。それはapres-skiパーティーです。しかし用心しなさい:スキーの日の後に、体は疲れきって疲れきっている。アルコールがうまく機能すればするほど、最初のグリューワインが突然フィットして目を覚ましたと感じます。しかし、見た目は詐欺的です。長期的には、アルコールは疲労を増し、集中力を弱め、そして協調を減らします。

渓谷ランにとっては良くない条件です。ちなみに、斜面でのほとんどの事故はアルコールの影響で起こります。自分自身を保護するために、しかし他のすべてのものの上に、回避することをお勧めします。さらに、アルコールは次の日を感じさせるものであり、必ずしも前向きなものではありません。

二日酔いに対する栄養のヒント

Загрузка...

Pin
Send
Share
Send
Send


Загрузка...

人気のカテゴリ