敏感肌用のメイクアップのヒント

Pin
Send
Share
Send
Send


ほとんどの女性は微妙なメイクで気分がよくなります。非常に乾燥肌を持っているか、アレルギーを起こしやすい人は、しかしながら、いらいらさせる刺激ですぐに化粧品に反応します。肌が引き締まり、かゆみ、赤い斑点や小さな水ぶくれができます - 約3分の1の女性が、個人的な経験からそのような肌の反応を知っています。犯人は多くの場合、ほとんどの従来のメーキャップ製品に見られる香料および防腐剤です。あなたがそれに敏感であるならば、あなたは装飾的な化粧なしでする必要はありません。

現代の顔色プライマーは、ケア成分と同様に粉末と顔料を含みます。それにもかかわらず、特に敏感肌の場合は、メイクアップはケア後にのみ適用する必要があります。脂肪と水分を提供するクリームは、日中に肌が乾燥するのを防ぎ、気持ちの悪さを避けるためのベースとして重要です。メイクアップもより均等に適用することができ、長持ちします。

理想的なのは、尿素(尿素)などの保湿成分と温泉水などのなだめるような成分を含むクリームです。例えば、ハマメリスを含む抽出物は抗炎症作用を持ちますが、デクスパンテノールとビタミンEは皮膚の再生を助け、それを抵抗力のあるものにします。敏感肌の方は、香料や防腐剤を含む製品の使用を控えるか、少なくとも毎日使用しないでください。それらは - ニッケルに加えて - 皮膚の最も一般的なアレルゲンです。

内容物が細菌と接触することはほとんどないので、チューブの中のクリームは鍋の中の製品より少ない防腐剤を必要とします。したがって、それらは一般的によりよく耐えられます。そして:すべての肌は異なった反応をします - それは親友の肌をします、それ自身の肌はしないかもしれません。したがって、あなたの肌にフィットするものを試して、できるだけそれにとどまってください。実験を避けます。

視線

目の周りの皮膚は特に敏感です。目自体でさえ、赤みを帯びた特定の化粧品成分に反応します。黒アイライナーと黒マスカラは通常、青や緑の染料を使った化粧品より敏感肌の方が忍容性が優れています。アイシャドウでも、含まれている酸化銅または二酸化クロム粒子のために青と緑の色調がより迅速に皮膚の炎症を引き起こします。

しかし、ニッケルアレルギーを患っている人は、しばしばかゆみや湿疹を伴うブラックマスカラに反応します。黒色なのでニッケルを入れることができます。

唇の縁にはほんの少しの皮脂腺があり、皮膚は非常に薄く、非常に荒れています。リップバームと植物油とワックスのスティックは痛みを伴うひび割れを防ぎ、敏感肌を滑らかでしなやかにします。特に敏感な唇のために:ここでは可能な限り同様に香りと防腐剤を含む製品なしで。

色のタッチを追加したい人は栄養成分が補充されている口紅を使用することをお勧めします。例えば、ホホバ油は、細胞の凝集をサポートし、唇のバリア機能を高める天然脂肪酸を含んでいます。唇がすでにひび割れてもろくなっている場合は、唇のケアに特に強い天然ワックス、Caranaubaが役立ちます。パンテノールとアラントインは肌を落ち着かせる効果があり、肌の炎症や発赤を軽減します。

マニキュア

爪の色はおしゃれなアクセントになっています。従来のマニキュアは時々ブラシをかけて落とす必要があります。これは、塗料が長期間ネイルを乾燥させ、顔に、特に目に湿疹を引き起こす可能性があるためです。ネイル化粧品にも敏感肌用に特別に開発された商品が提供されています。それらはホルムアルデヒド、アクリル、芳香剤および防腐剤のような刺激物なしでうまくいきます。いくつかの塗料はまた爪を強化し、それらを耐衝撃性にするシリコンを含んでいます。

適切なメイクアップ除去を行います

フケから、一日のうちに化粧や環境の汚れが毛穴を詰まらせ、炎症を促進することがあります。肌が夜によく再生するように、顔の夕方の化粧は必須です。敏感肌には伝統的な石鹸や洗顔用ローションを使用しないでください。脂肪や湿気も取り除かれます。すでに温水綿パッドを染み込ませて掃除するのに十分なことが多い。

強いメークアップの残り物は、石鹸の入っていないクレンザーまたはクレンジングジェルで除去するのが最善です。肌のpHに調整されている製品は、有害な環境の影響から肌を保護する、天然の酸のマントルを保護します。対応する製品は、皮膚自身の脂肪膜に影響を与えない、特にマイルドな、時にはモイスチャライジング洗浄剤を含んでいます。これは敏感肌が乾燥するのを防ぎます。

Загрузка...

Pin
Send
Share
Send
Send


Загрузка...

人気のカテゴリ