Gojiベリー:大きな影響を与える小さなベリー?

Pin
Send
Share
Send
Send


ゴジベリーは健康と幸福のための果物として知られています。たった2センチメートルの長さで、珊瑚色とフルーティーなタルト味の細長いGojiベリーは、伝統的な漢方薬(TCM)の一部です。この国でも、果物は非常に人気があります。 gojiの果実は貴重なビタミンそして重大な物質を含んでいるので不思議ではない。

ゴジベリーの使用

最も人気のあるのは、特にそれらの中で、一般的なクロウメモドキの果実です。 豊富な有効成分 これは健康の促進に貢献するはずです。ピッキング後、果実は新鮮で生のまま食べることができます。

しかし、goji果実のすべての貴重な有効成分が長期にわたって維持されることを確実にするために、それらは収穫後の穏やかな乾燥のために太陽の下に置かれます。インクルード 乾燥果実 たとえば、スープ、ミューズリー、ソースやジャムなどに使用します。しかしそれらは茶やジュースに加工することもできます。

しかし、一般的なクロウメモドキの果実だけでなく、葉、根、樹皮、種子も加工されています。

剛体果実の防御を強化する果実

Gojiの果実は何人かの科学者および栄養の専門家を主にそれらがさまざまな貴重な原料の高レベルがあるので説得する。だからユニークなグループです 生理活性分子 Gojiの果実で研究されているLycium Barabrumの糖。

さらに、ゴジベリーは、高レベルのビタミンC、ビタミンB 1およびB 2、ならびにビタミンEによって特徴付けられる。

gojiベリーの健康成分

以下の成分は、gojiの果実からも検出されました。

  • 19アミノ酸
  • 21の微量元素
  • 必須脂肪酸
  • マグネシウム
  • ベータsisterol
  • Cyperone
  • ベタイン
  • 多糖類

酸化防止剤によるアンチエイジング効果

多くの異なった原料が原因で、gojiの果実の効果は多目的になるはずです。だから彼らは特にアンチエイジング用の化粧品で、健康の促進に加えて高く評価されています。 gojiの果実は彼女を通してあるべきであるので 抗酸化特性 細胞保護効果があるので、それらは老化プロセスを遅くするかもしれません。

貴重なgojiの果実はさらにもっとよい効果を達成できるべきである。

gojiの果実についての5つの事実 - ©istockphoto、id-art

ゴジベリーの健康への影響

ゴジベリーは、以下のような健康上の効果があると言われています。

  • 免疫システムを強化する
  • ストレスや枯渇を防ぐ
  • 糖尿病の治療に役立つ(ベータ - システロールは血中脂肪を下げると言われています)
  • 高血圧に対して作用します
  • 心臓病に役立ちます
  • 目の問題を和らげます
  • 腎臓と肝臓を強化する

研究結果によると、脳の活動に対するgojiの果実の肯定的な効果も可能です。 gojiの果実がアミロイドペプチドに対する保護として役立つように見えるので、それはとりわけアルツハイマー病の発症の原因である。

しかしながら、これまでのところこれらの健康上の利点のどれも科学的に証明されていないことに注意すべきです。

gojiの果実は有毒か不健康か

時々ゴジベリーは有毒であり、それ故に消費されないほうがよいということが読まれるべきです。しかし、この論文は時代遅れであり、現在の研究結果と一致しません。

しかし、消費者センターは、gojiの果実はしばしば汚染物質で汚染されていると警告します 農薬負担がかかり健康に有害です。しかし、サンプル上の残留物が健康に深刻な影響を及ぼすことは一度もありません。それにもかかわらず、消費者アドバイスセンターは、常に正しいとは限らないので、慎重に質の高い情報を扱うことをお勧めします。*

アレルギー患者と心臓病患者の健康リスク

gojiの果実の消費が健康上のリスクをもたらす可能性がある人々のいくつかのグループがあります。

一方では、果実が抗凝固作用を強めるので、goji果実と間伐剤との間に相互作用があるかもしれません。したがって、そのような治療法を使用する高血圧の人々は、果実なしでよりよくするべきです。

他のgojiの果実には高いアレルギーの可能性があります。ナッツ、トマト、桃などの交差アレルギーは、ゴジベリーと一緒に発生することがよくあります。

gojiベリーの由来

Gojiの果実の主な成長地域は寧夏の県にあり、中国中部北部 そこでは、Gojiの果実を記念して、Gojiの果実の収穫を終えるために祭りは毎年8月に祝われる。

gojiの果実の正確な起源は歴史的に知られていません。しかし、gojiの果実の植物は南アジアから中央ヨーロッパに達したと考えられています。しかし確かなことは、最近では一般的なクコやクコとして知られている植物の上で、ゴジベリーが世界中で育つということです。

出典および詳細情報

*消費者センター:カプセルに入った剛治果実 - 効果が証明されていません。 (15.03.2018現在)

Загрузка...

Pin
Send
Share
Send
Send


Загрузка...

人気のカテゴリ