赤ワインは本当にどれほど健康的ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


赤ワインは健康であるべきであるという論文はよく知られています。しかし、普及しているのと同じくらい気楽に楽しむことができますか。 Hippocratesでさえ紀元前400年に座りました。救済策としてのChr。赤ワイン。この飲み物は、消毒効果、鎮静効果、鎮痛効果のうち、この時点ですでに属性付けられています。古代ローマでも、赤ワインは熱性胃腸障害や開放創傷被覆材に使われている医薬品製造剤でした。

赤ワイン:心と循環にいいですか?

赤ワインを扱う際のこれらすべての文化的習慣により、おそらくそれが赤ワインの健康増進効果にとって何かであるかもしれないならば、問題は起こります。科学研究はそれを証明しました 適度な赤ワインの楽しみ 心臓や脳の梗塞に関連して予防効果があるかもしれません。その理由は、赤ワインはフリーラジカルを中和することによって血管疾患を予防し、とりわけ動脈硬化症(動脈硬化症)の予防をサポートするためです。

赤ワインのこれらの有益な効果の原因は特に成分です フェノール。 フェノールは植物化学物質のグループに属しており、したがって炭水化物、脂肪およびアミノ酸の代謝の産物です。

適度にワインを楽しむ

赤ワインが適度に消費される場合にのみ、健康に有益な効果が展開します。 10代の若者、授乳中の母親、および妊娠中の女性は、アルコールを完全に控えるべきです。アルコールを過剰に摂取すると、すべての人の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。これは重大な肝障害を引き起こす可能性があります。

もちろん、道路交通や薬のような危険な状況では飲酒しないでください。同様に、アルコールの過剰摂取は何度も癌のリスクを高めます。

WHOは、週に最低1〜2日のノンアルコールの日を挿入することを推奨します。アルコール消費の安全限度は、1日当たり約20〜24グラムの純粋なアルコールであり、これはドイツの中毒問題部によると、ビール約0.5リットルまたはワイン0.25リットルに相当します。女性は、健康な人であれば、アルコールの約半分しか消費しません。

Загрузка...

Pin
Send
Share
Send
Send


Загрузка...

人気のカテゴリ