高血圧のためのビソプロロール

Pin
Send
Share
Send
Send


記事の内容

  • ビソプロロール:効果、副作用&投与量
  • ビソプロロール:禁忌と相互作用

ビソプロロールは高血圧や狭心症の治療に使用されるベータ遮断薬の成分です。ビソプロロールの最も一般的な副作用には、頭痛、めまい、および疲労感があります。薬が突然中止された場合、より深刻な副作用が発生する可能性があります。副作用、禁忌、相互作用、ビソプロロールの服用量について総合的にお伝えします。

β遮断薬ビソプロロール

有効成分のビソプロロールは、ベータ遮断薬(ベータ受容体遮断薬)のグループに属します。本態性高血圧症および安定狭心症の治療に用いられます。さらに、ビソプロロールは慢性心不全のための他の薬と一緒に使用することができます。

ベータ遮断薬のグループからの有効成分は心臓のベータ受容体を占めます。その結果、ホルモンのアドレナリンはもはやこれらの受容体にドッキングすることはできません。とりわけ、体内のア​​ドレナリンは心拍出量と血圧を確実に上昇させます。

ビソプロロールのようなベータ遮断薬を服用することによって、心臓はより遅く、そしてより強力でなく、そして血圧は低下します。さらに、心臓はより少ないエネルギーおよび酸素を消費し、それは呼吸器系の問題および心臓領域の痛みなどの典型的な狭心症症状を軽減する。

ビソプロロールの副作用

他の有効成分と同様に、ビソプロロールの投与も副作用を引き起こす可能性があります。一般的な症状には、頭痛、めまい、感覚障害、疲労感、疲労などがあります。

時折、ベータ遮断薬を服用している間、以下の副作用が起こるかもしれません:

  • 混乱、気分変動、うつ病、睡眠障害
  • 循環障害
  • 筋力低下と関節疾患
  • 発疹やかゆみを伴う皮膚
  • 座っているときや横になっているときから起きると、心拍が遅くなり、心機能が低下し、血圧が下がる
  • 吐き気、嘔吐、下痢、便秘、腹痛などの胃腸の不快感

まれに、ビソプロロールを服用した後に、涙の流れの減少、血中脂質の増加、呼吸器疾患、発汗、快楽障害および体重増加などの副作用もあります。

ビソプロロールの投与量

どのように正確にビソプロロールが投与されるかは治療する医者によって個々に決定されなければならない。以下の投与量情報は、一般的な目安としてご理解ください。原則として、低用量から始めます。その後、必要に応じて徐々に増やします。

ビソプロロールが高血圧や狭心症の治療に使用されている場合は、通常 1日5ミリグラムの線量 始めました。必要ならば、用量を1日当たり10ミリグラムに増やすことができる。例外的なケースでは、用量をさらに増やすことが可能です。わずかな高血圧しか存在しない場合、2.5ミリグラムのビソプロロールの投与ですでに十分かもしれません。

持っていますか 過量投与ビソプロロール 服用している場合は、直ちに医師に連絡してください。どれだけ高かったかに応じて、それは深刻な副作用につながる可能性があります。これらは血圧の急激な低下、遅い心拍数、心不全および心臓性ショックを含みます。さらに、意識障害、呼吸困難、悪心および発作が起こることがあります。

ビソプロロールを止める

医師と相談しないで、ビソプロロールの投与量を変更したり、ベータ遮断薬を中止したりしないでください。そうでなければ、患者の状態が悪化する可能性がある。ビソプロロールが中止された場合、これは通常経由で行われます 用量を徐々に下げます。 薬が完全に中止されるまでに通常3〜10日かかります。

ビソプロロールが突然中止されると、危険な副作用を引き起こす可能性があります。これらは、狭心症の新たな悪化を伴う心筋の灌流の減少、心臓発作および急速に再発する高血圧を含む。

Загрузка...

Pin
Send
Share
Send
Send


Загрузка...

人気のカテゴリ