ジアゼパム

恐怖、落ち着きのなさ、および睡眠障害は、多くの精神疾患および急性のストレス状況において起こり得る。活性物質ジアゼパムはこれらの不満の短期的な軽減のための鎮静剤と​​して役立ちます。ジアゼパムの副作用は通常まれであり、投与量に依存します。

ジアゼパムはカウンターの上にいない

活性物質ジアゼパムは、ベンゾジアゼピン類に属します。ベンゾジアゼピンは、1950年代半ばから市場に出回っている抗不安薬(抗不安薬)と睡眠薬(睡眠薬)の一種です。ジアゼパムは、抗不安作用、心を落ち着かせ、リラックスさせる効果があります。

ジアゼパムは主にValium®として素人に知られています。活性成分ジアゼパムを含有する他の薬物には、例えば、Faustan(登録商標)、Valocordin-Diazepam(登録商標)、Stesolid(登録商標)またはValiquid(登録商標)が含まれる。ジアゼパムは、坐剤としてまたは滴剤として錠剤の形で入手可能である。緊急の場合は、ジアゼパムも注射剤として注射されます。それはドイツの薬局そして処方薬です。したがって、処方箋なしでジアゼパムを摂取することは合法ではありません。

ジアゼパム:効果と応用

ジアゼパムは、脳内の抑制性メッセンジャー(ガンマ - アミノ酪酸、略してGABA)の効果を高め、それが中枢神経系の神経細胞の活動を低下させます。このジアゼパムは、抗不安薬、抗けいれん薬、なだめるような睡眠誘発効果を達成しました。そして、それは摂取の後比較的速く起こります。医師は急性不安と緊張と睡眠の治療のためにジアゼパムを処方します。

精神科ではジアゼパムは主に不安やパニック障害のために処方されています。しかしそれはまた興奮の高められた状態の処置で使用されます。これらの状態は、統合失調症または双極性障害などの他のいくつかの精神障害に存在し得る。神経学では、ジアゼパムはその抗けいれん作用のためにてんかん発作の治療のための貴重な薬です。ジアゼパムは、なだめるようなリラックス効果があるため、手術や徹底的な検査の前にも投与されます。

ジアゼパムの副作用

全体的に見て、ジアゼパムはどちらかといえば小さな副作用があり、通常は忍容性が良好です。しかし、これらのやや小さい副作用のために、それはまた依存の可能性の増加を引き起こします。ジアゼパムの副作用は、特に高用量では、著しい疲労感や日中の眠気、注意力の低下、集中力の欠如などです。これらの副作用はあなたの運転能力を低下させるかもしれません。

高齢者や高用量では、筋萎縮や運動障害(運動失調)も発生する可能性があり、これは高齢者が転倒する危険性をかなり高めます。場合によっては、高齢者でも逆説的な効果が生じることがあります。ジアゼパムは鎮静効果の代わりに、ドライブの増加と落ち着きのなさの増加をもたらします。

ジアゼパムとアルコールの組み合わせは、述べられている副作用を高めます。したがって、ジアゼパムを摂取するときは、アルコールの摂取を控えることが不可欠です。ジアゼパムは妊娠中に服用しないでください。

ジアゼパムの服用方法

ジアゼパムを服用するときは、次の点に注意する必要があります。

Загрузка...

Загрузка...

人気のカテゴリ