旅行者のための狂犬病予防接種

Pin
Send
Share
Send
Send


2002年に、ドイツから1000万人以上の人々が狂犬病リスク地域に旅行しました。この病気の危険性は多くの旅行者によって過小評価されています - ほとんど情報がないためです。 1,200人の旅行者を対象とした調査では、95%以上が狂犬病から保護されていませんでした。そのような他の旅行予防接種に加えて、狂犬病に対する予防ワクチンが役立ちます。 A型肝炎や腸チフスとしてこれまでのところ小さな役割。そしてそれは、狂犬病ではありますが、一度発生すると、必ず死に至るのです!

毎年、世界中で約6万人が狂犬病で死亡しています

特に観光客数が増え続けている人気の旅行国などでは。たとえば、インド、タイ、ブラジル、インドネシア、タンザニア、メキシコ、ドミニカ共和国、トルコなどの国では、狂犬病が広まっています。犬は狂犬病の最も一般的なキャリアです。南アメリカとアジアでは、野良犬が全狂犬病の約90%を引き起こします。しかし、牛、羊、家禽などの他の動物も狂犬病を感染させる可能性があります。

狂犬病の原因物質であるウイルスは、唾液によって排除されます。唾液は、病気が発生する前であっても犬の体内でウイルスを含んでいる可能性があります。死者の多くはアジアです。彼らがさらされている感染リスクを知っている休暇をとる人はほとんどいません。

危険なこと:いったん病気が勃発したならば、もはやいかなる治療もありません;それは常に死につながります。唯一の救命措置は、狂犬病疑わしい動物と接触した直後の予防接種です。そのため、旅行前に旅行者全員に狂犬病感染の危険性と予防接種の可能性について知らせる必要があります。

狂犬病疑惑 - 何をするか?

狂犬病は予防接種によって - たとえ感染後間もなく - 防ぐことができますが、典型的な症状(痙攣、羞明および水への嫌悪)が起こると、致命的です。狂犬病に対する最善の保護は、動物の咬傷や唾液との接触を防ぐことです。まだ狂犬病の疑わしい動物と接触したことがある人は、たとえワクチン接種が行われる前であっても、直ちに医者に行くか、病院と同等でなければなりません。

これは、感染の疑いがある場合は、暴露後の治療をできるだけ早く開始することが可能でなければならないことを意味します(狂犬病動物と接触した後のワクチン接種)。完全な予防的狂犬病予防策を持たない観光客は、5回のワクチン接種と、おそらく狂犬病免疫グロブリン(免疫グロブリンは、狂犬病病原体を防ぐことができるタンパク質です)を必要とします。それとは対照的に、完全な一次ワクチン接種を受けた旅行者は、2回のリフレッシュワクチン接種しか必要としません。

リスクを知り、ワクチンで予防する

問題:多くの旅行国では、狂犬病ワクチンの供給は保証されていません - ワクチンの購入は難しいだけでなく、まったく不可能です。一方、ドイツでは、旅行者は忍容性が高く効果的なワクチンを入手できます。ドイツですでに行われている予防的狂犬病ワクチンは、事件発生後に暴露後処理を開始することができるまで必要な時間を提供することができます。一次ワクチンは、0、7、21または28日目に上腕に3回注射することからなる。ワクチンは十分に耐容性があり、約3年間作用する。免疫は1年間の追加免疫投与量で約5年まで延長することができます。

予防的狂犬病予防接種は妥当な手段です。しかし、ワクチンはかなり高価です。したがって、個人のリスク状況を常に考慮に入れる必要があります(例:狂犬病のリスクが高い地域での長期または積極的な休暇)。いずれにせよ、感染後の治療法の選択肢が不十分または欠如している場合は予防接種が推奨されます。

Загрузка...

Pin
Send
Share
Send
Send


Загрузка...

人気のカテゴリ